活動報告

インバウンド対応セミナー…!


茨城県三の丸庁舎(元県庁)を会場に、茨城県理容生活衛生同業組合主催による「ICT機器を活用した理容業インバウンド対応講習会」が開かれました。

会場には県内各地から理容業を経営するオーナーが集い、ジャパンバーバーを楽しんでもらうための日本独自のメニュー提案や、外国人向け店舗検索サイトの紹介及び登録の推進などについて熱心に耳を傾けていました。

また無料の多言語音声翻訳アプリ【Voice Tra】の使い方などを実際に体験しながら、外国語対応の支援ツールとしての活用方法などについて詳しく説明いただきました。

今回は同業者という枠での勉強会でしたが、今後は商店会や地域といった枠組みでも連携を深め、ますます増加が見込まれる外国人客に「来てもらう・知ってもらう・楽しんでもらう」ためのサービス強化に向けて、しっかり学び取り組んでいきたいと思います。

JCOB会総会…!


先週末、常陸太田JC・OB会の総会が開かれ、事業及び決算報告、並びに事業計画・予算案などを審議しました。

また、役員改選では2期4年間にわたり会長を務められた小寺先輩から、副会長である西野先輩へとバトンが渡され、新たな体制の元、新年度がスタートすることになりました。

一方で、あくまでもOB会組織ということで、メンバーの親睦を中心に、現役である常陸太田青年会議所の事業をサポートしながら活動していく旨、確認を行いました。

常陸太田シニア初の公式戦…!


昨年4月にチームを立ち上げ、10月には日本リトルシニア中学硬式野球協会への加盟が認可された「常陸太田リトルシニア」。

本日、初の公式戦となる関東連盟・東関東支部春季大会に出場し、竜ケ崎リトルシニアKKスタジアムで「香取リトルシニア」と対戦しました。

選手たちは大会初参戦ということで、高まる緊張の中、3回表に1点を先制し、3回裏までは相手打線を0点に抑える健闘をみせましたが、4回に同点、5回に逆転、6回に追加点を許していまい、5-1で惜敗しました。

新2年生中心の常陸太田としては、善戦したゲームであったと思います。
是非、今回の悔しさや反省を次回に活かし、先ずは目指せ公式戦初勝利…!

常陸太田自酒プロジェクト・酒蔵見学…!


常陸太田自酒プロジェクトの事業の一つである「ご縁祭・酒蔵見学2019」が開催され、自分もスタッフの一人としてサポートしてきました。

会場である「岡部酒造」には、県内外から33名の愛好家の皆さんに参加いただき、日本酒「ご縁だね」が出来るまでの、酒米作りから製造行程について、資料を元に分かり易く解説した後、

2グループに分かれて、酒蔵内を案内。

大きなタンクで発酵中の醪や、

まさに昨日搾りたての、今年の純米酒「ご縁だね」を試飲したりと、

明治8年創業の伝統ある日本酒醸造の現場に、参加者の皆さんも興味津々見学されていました。

見学後は「酒かすおつまみ」や「かす汁」、「甘酒」など、蔵元ならではの味を楽しんでいただきました。
5月11日には、田植えや新酒を祝う会「ご縁祭~お田植どろんこ祭りと新酒を祝う酒蔵の宴~」が開催されます。
また、今年の新酒は3月17日の「スロータウン鯨ヶ丘ひなまつり」で先行販売されますので、是非、常陸太田の水・米・酒蔵・人などALL常陸太田のお酒「ご縁だね」。素晴らしい出会いとその想いを味わってみてください。

常陸太田自酒プロジェクト <https://www.facebook.com/hitachiota/

国道461号北沢トンネル工事安全祈願祭…!


国道461号(仮称)北沢トンネル本体工事安全祈願祭が執り行われ、市議会・産業建設委員長として出席してきました。

今回の北沢峠を越える上高倉町と折橋町までの区間は、幅員が狭隘で大型車の通行が困難な上、乗用車の擦れ違いも難しく、台風による倒木や大雪などで全面通行止めになることもあるなど、かねてから整備が望まれていた路線です。

会場には茨城県・大井川知事をはじめ、常陸太田市・大久保市長、地元の県議や市議、工事関係者などが参列し、安全第一に早期開通することを祈願しました。

完成後は、竜神大吊橋(常陸太田市)、袋田の滝(大子町)、花貫渓谷(高萩市)など県北を代表する観光地の周遊ルートとして、

また山側と海側のアクセスも向上し、災害時の緊急輸送や救急搬送などの時間短縮にも繋がるなど期待が高まっています。

そして何より日常生活の利便性向上のためにも、2020年度末の事業完成目指し、無事に計画通り工事が進むことを心から願っています。

ぬく森の湯リニューアルオープンを前に現地視察…!


リニューアルのため改修工事が進められていた「里美温泉保養センターぬく森の湯」。

2月17日のグランドオープンを前に、産業建設委員会メンバーで現地を視察訪問しました。

平成7年の開業から22年が経過し、施設の長寿命化を図るとともに集客力や競争力の維持を目指し、

浴室や浴槽の改修、仕切り付き洗い場の新設、

露天風呂を拡張すると共に、眺望もこれまで以上に良くなり、

サウナも新設されました。

また、厨房、ホール、大広間、玄関、トイレも改修され、売店コーナーと食堂コーナーが区分されるなど、幅広い年代の利用者が来場しやすいよう魅力向上が図られました。
2月17日~19日までの3日間は、先着100名に利用券200円の割引券も配布されますので、是非、PH10.1と全国でもトップレベルのアルカリ度を持つ名湯で、心と体を癒してみてください。

<ぬく森の湯HP>http://nukumori.satomiful.jp/

常陸太田弘翔会・役員会…!


地元選出の梶山弘志代議士の後援会組織である「常陸太田弘翔会」の役員会を開催し、今年度の総会日程や事業計画(案)などについて協議しました。
昨年は、第四次安倍内閣の地方創生大臣として任務を遂行されており、総会への出席が叶いませんでしたが、今年は是非また参加していただけるよう調整を進めていくこととなりました。
お膝元であると共に、弘志代議士にとって第一号の後援会組織として、今後も64名の会員でしっかりと支援していきたいと思います。

会社スタッフ・昼食会…!


会社恒例のスタッフ新年昼食会を、「ゴルフガーデンレストラン THE GRILL」にて開催しました。

ローズポークや寒ブリのしゃぶしゃぶをはじめ、

野菜サラダ、そば、カレー、

揚げ物など、20種類以上ものランチビュッフェ。

デザート、アイスクリーム、ソフトドリンクバーまで付いています。

食後は岩造り露天風呂やサフナなど、併設の「松ヶ沢温泉」で、癒しのスパタイムを愉しみ、

スタッフ一同、明日からの英気を養いました。

常陸太田ひなめぐり実施に向けた打合せ…!


鯨ヶ丘商店会の理事会が開かれ、11回目を迎える「スロータウン鯨ヶ丘ひなまつり」を中心に打ち合わせを行いました。

今回は、これまでの鯨ヶ丘商店会に加え、まいづる商店会(12店舗)、南口商店会(11店舗)の協力もいただき、名称も「スロータウン常陸太田ひなめぐり」に改名し、開催することとなりました。
開催期間は3月1日~24日までで、土曜日曜は湯茶接待のサービス、17日には屋台村などの飲食イベント、そして期間中はスタンプラリーなども実施されます。
詳しくは、今月末に鯨ヶ丘ホームペジをはじめSNS等でも情報発信を行いますので、是非、和暦の時間(とき)が流れる街、常陸太田にお越しください。

常陸太田市民吹奏楽団・定期演奏会…!


常陸太田市民吹奏楽団第36回定期演奏会がパルティ大ホールで開催されました。

第一部は「たなばた」、「二つの交響的断章」、「法華経からの3つの啓示」と吹奏楽の名曲が、第二部では、「魔法にかけられて」、「Lemon」、「ピースサイン」、「U.S.A」、「ブルータンゴ」、「愛の賛歌」、「ダンシング・レボリューション」と、シンフォニックやシャンソン、ダンスミュージックなどポップなステージで観客を愉しませてくれました。