活動報告

夏の高校野球…!


第101回夏の高校野球甲子園大会の組み合わせが決定し、茨城代表の霞ケ浦高校は大会2日目(7日)の第一試合で強豪の履正社と対戦することとなりました。
是非、霞ケ浦高校には茨城県内100校93チームの思いを糧に、旋風を巻き起こしていただきたいと願っています。

一方で、甲子園に出場できなかったチームは、秋季大会に向け新チームでの練習がスタートしており、

我が母校の太田一高も、猛暑の中、日々汗を流しています。

新チームの後輩諸君には、古豪復活を目指して頑張っていってほしいと望んでいます。

サービス業部会幹事会及び総会…!


常陸太田市商工会サービス業部会の幹事会、及び総会が開かれました。
現在、部会員数は286名で、自分も幹事の一人として任に当たっています。

幹事会では総会資料をもとに、昨年度の事業及び決算報告、並びに今年度の計画及び予算案などについて協議しました。
特に秋に実施予定の視察研修に関しては、日時や視察地の決定の他、参加対象者を事業主・家族・従業員に限定する案などについて意見を交わしました。

太田まつりボランティア説明会…!


お盆に開催される「太田まつり」のボランティア説明会が生涯学習センターで開かれました。

今年は片付けまで入れた3日間で延べ126名の中学生ボランティアが登録され、そのうち久自楽舞担当となる12名を対象に、司会や会場整理などの役割分担をはじめ、当日の流れを説明しました。
ふるさとの夏まつりとして定着している「太田まつり」には、毎年多くの中学生がボランティアとして参加協力してくれており、学生が地域と関わる良い機会にもなっています。

視察3日目は仙北市を訪問…!


視察3日目は、常陸太田市と有縁友好交流都市となっている「仙北市」を訪問。

「特区を活用した近未来技術実証推進事業及び産業振興について」、仙北市議会・黒沢副議長と担当職員から説明いただきました。
特にドローンに関する農薬散布や製造業者との連携協定、市内全小学校におけるロボットプログラミング学習などの取り組みについては、とても興味深く質問などもいくつか行わせていただきました。
研修後は、議会事務局職員の案内で、仙北市の誇る角館・武家屋敷通りを見学。

格式の最も高い「石黒家」や、中流武士の屋敷「岩橋家」、下級武士住宅の「松本家」と、それぞれ格式の異なる屋敷を案内いただきました。

個人的には2度目の武家屋敷見学となりましたが、今に息づく歴史の町並みに、妙に気持ちも穏やかになる感覚を覚えるのは自分だけではないと思います。
そして歴史資源を大切にしながらも近未来技術への挑戦といった、仙北市の取組には今後も注目していきたいと感じています。

視察2日目は姉妹都市でもある秋田市を訪問…!


秋田県視察2日目は、常陸太田市と姉妹都市にもなっている秋田市を訪問。

「秋田城跡歴史資料館整備事業」について、資料館の伊藤事務長より、事業概要について説明いただきました。

説明後は、平成28年4月に開館した資料館の館内を案内いただき、

全国初という赤外線カメラの体験コーナーや、遺物の床下展示、秋田城跡の大型模型展示、貴重な遺物の実物展示などを見学させていただきました。

また、政庁東門や築地塀、外郭東門や古代水洗トイレなど遺跡が復元整備されている史跡公園も案内していただき、市民の郷土学習や観光資源として歴史の活用を図っている旨、学ばせていただきました。

更に午後からは、佐竹史料館や市民俗芸能伝承館、赤レンガ郷土館など市内を代表する観光施設も見学させていただく中で、改めて秋田市の歴史的資源の活用や魅力を感じることができました。

先進地視察で秋田県を訪問…!


会派の視察で今日から3日間の日程で秋田県を訪問。

初日は横手市の「健康の駅推進事業」について、横手市議会厚生常任委員会・高橋委員長、及び担当職員より、事業の取組について説明いただきました。

横手市では「健康をテーマにした交流拠点」づくりをコンセプトに、大規模3ヶ所・中規模24ヶ所・小規模と73ヶ所と3種類の健康の駅を設置し、市民の継続的な健康づくりをサポートしていて、平成25年3月には厚生労働省健康局長賞自治体部門優良賞を受賞するなど、高い評価を受けています。

大規模健康の駅の一つである「東部トレーニングセンター」も案内いただいたところ、利用者の方々が指導員の指示のもと楽しそうに汗を流す様子を拝見することができ、健康への意識の高さが伝わってきました。

現在、生活習慣を見直して健康寿命日本一の実現に向け、利用者実人員6,550人を、8年後の2027年には10,000人に伸ばすことを目標に事業展開を図っているということで、参考となる点が多々感じられた視察となりました。

鯨ヶ丘縁日・大盛況…!


心配された台風も過ぎ去り、予定通り令和元年の「鯨ヶ丘縁日」を開催しました。

会場となった鯨ヶ丘ふれあい広場には、焼きそばや焼き鳥などの屋台や石窯PIZZA、クレープやタピオカドリンクなどのケータリングカーが出店し、子どもたちにはかき氷の無料配布などが行われ人気を集めていました。

ステージでは「ナツメローズ」の皆さんと、

「リバティー5」の皆さんによる、生演奏も行われるなど会場の雰囲気を盛り上げていただきました。

また今回は初の試みとして、特設生け簀をつくって子どもたちを対象とした「ヤマメのつかみ取り」を実施しました。

今春、街中に建てられた定住促進住宅「ファミーユくじらが丘」の子育て世帯の若い住民の皆さんの協力や参加のおかげで、例年以上の大盛況ぶりとなった令和初の縁日でした。

国体オープニング全体練習会…!


9月に開催される茨城国体の、開会式や閉会式のオープニングプログラムに出演する団体の全体練習会が、笠松運動公園陸上競技場で開かれました。

自分が代表を務める「いばらき舞祭ネットワーク」も450名の踊り子が参加し、補助競技場で30分、

本番の会場となる陸上競技場で30分間の練習持ち時間をフルに使って、フォーメーションの確認を行いました。

全体練習を重ねるたびに完成度も高まりつつあり、大会関係者からも良い評価をいただき、モチベーションもアップしてきています。

体育館に戻ってらも8月、9月の全体リハーサルに向けて、掛け声などの最終確認を行いました。
本番で最高のパフォーマンスが披露できることを楽しみにしています。

議会報告会の検証…!


広報委員会が開かれ、8月26日発行の「議会だより157号」について、最終校正を行いました。

また過日開催した、議会報告・意見交換会でのアンケート調査の検証を実施し、所管の常任委員会で調査及び確認をする必要のある項目等について仕分けを行いました。

例会計画や予算案の審議…!


常陸太田ライオンズクラブの臨時理事会が開かれ、第54期の例会計画及び予算案の審議を行いました。

終了後に開催された、7月第2例会においても、同様に例会計画と予算案が計画通り承認され、いよいよ第54期深谷丸が本格始動となります。

今期は、チャリティゴルフ大会に加え、新たにチャリティコンサート事業も実行委員会組織を発足し展開することとなっているなど、これまで以上にパワーアップが必要な1年となりそうなので、しっかりと自分の役割を果たしながら活動していきたいと考えています。