活動報告

平成31年3月議会開会…!


平成31年第1回常陸太田市議会定例会が開会となりました。
会期は本日から18日までの18日間です。

今日の本会議では、大久保市長から平成31年度施政方針が発表されるとともに、今定例会に上程されている32件について議案説明が行われました。

午後からの一般会計及び特別会計の予算説明終了後は、議会運営委員会が開かれ、一般質問発言通告順や請願の取扱い等について審議を行いました。
尚、週明けの5日からは一般質問が行われます。

明日から「常陸太田ひなめぐり」が開催…!

今年で11回目を迎える「鯨ヶ丘ひなまつり」。
今回は名称も「常陸太田ひなめぐり」と改め、これまでのメーン会場であった「鯨ヶ丘商店街」に、「まいづる商店会」や「南口商店会」も加わり、規模を拡大して開催されます。

各商店では、今月中に飾りを済ませようと準備が進められ、

私のサロン(プルミエールフジタ)でも25日に、市内で「吊しびな」や「パッチワーク」などの制作に取り組んでいる石川夫妻が、1年かけて手掛けた力作を今回も展示していただきました。

店内には、他にも3人娘のひな人形3組も展示していますので、是非、お気軽に足を運んで楽しんでみてください。

期間は、3月1日~24日までとなっています。

~和暦の時間(とき)が流れる街~
<第11回スロータウン常陸太田ひなめぐり> https://www.kujiragaoka.com/3435/

 

3月議会・一般質問発言通告順1番…!


3月1日から開会となる、平成31年第1回常陸太田市議会定例会の一般質問通告が、22日から26日までの期限で行われ、今回6名の議員が通告した中、通告順1番となり、3月5日の本会議においてトップバッターとして、インバウンドやキャッシュレス化の推進、マイナンバーカードの普及促進など2項目8件について質問を行います。
10時開会となりますので、お時間のある方は、是非、議会傍聴またはインターネット映像生中継で、ご覧になってみてください。

今年度最終となる太田まつり運営委員会…!


平成30年度第5回太田まつり運営委員会が開かれ、事業及び決算報告、平成31年度開催計画(案)等について協議が行われました。

また今秋開催予定の茨城国体に係る常陸太田市の「炬火イベント」集火式を、市民が大勢集まる「太田まつり」イベント会場内ステージで実施したいとの要請があり、時間帯の調整等について今後検討していくこととなりました。

茨北農業共済事務組合・定例議会開催…!


平成31年第1回茨城北農業共済事務組合議会定例会が、同組合会議室で開催されました。

この定例会は日立市・常陸太田市・高萩市・北茨城市・ひたちなか市・常陸大宮市・那珂市・東海村・大子町の9市町村から選出された議会議員22名で構成されており、大久保常陸太田市長を管理者とする提出議案12件について採決を行いました。

全議案共に原案の通り可決・承認されましたが、農業災害補償法から農業保険法への改正や、収入保健事業が新たに創設されるなど、取り組みが複雑化してきている中、加入者に不便や迷惑のかからないよう効率的な事業運営と経費削減に努めていっていただきたいと思います。

常陸大宮LC50周年記念式典…!


常陸大宮ライオンズクラブ結成50周年記念式典が、昨日午後、静ヒルズホテルで開催されました。

自分の所属する常陸太田ライオンズクラブは、常陸大宮ライオンズクラブのスポンサークラブということもあり、

衆議院議員でもある梶山弘志ライオンはじめ安島会長他、多くのメンバー(22名)で出席し祝福してきました。

オープニングアトラクションでは、茨城県の有形民俗文化財に指定されている、「西塩子の回り舞台」が披露され、地元小学生による「口上」から始まり、常磐津「子宝三番叟」、

子ども歌舞伎「白浪五人男 稲瀬川勢揃いの場」が演じられ、

参加した友好クラブメンバーからは大きな拍手と共に、素晴らしい伝統文化が伝承されている姿に感動しました。

常陸大宮LCは、スナッグゴルフや薬物乱用防止教室など青少年を対象とした事業を中心に、献血なども年間10回以上開催する等、地域奉仕活動に取り組まれており、これからも親子クラブとして、また隣接クラブとしても友好関係をより深め、We Serveの精神で共に地域貢献に励んでいければと思います。

自民党茨城県連・定期大会…!


自由民主党茨城県支部連合会の第64回定期大会が、大洗町文化センターホールで開催されました。
会場には大井川知事をはじめ県内選出の衆・参国会議員や、いばらき自民党の県議会議員、市町村長、市町村議会議員、県内各支部の党員・党友など総勢約700名が集い、盛会に開かれました。

梶山弘志県連会長のもと、上程された議案も全て承認され、

7月の参議院選挙の茨城県選挙区公認候補者である、上月良祐参議院議員からは、2期目に向けた力強い思いが語られました。

また、党勢拡大や県連の諸活動に尽力いただいている24名の皆さんが表彰され、

最後に統一地方選、参議院選挙での圧勝を期し、参加者全員で結束を誓いました。

ファミーユくじらヶ丘・竣工式…!


常陸太田市定住促進住宅「ファミーユくじらヶ丘」の竣工式が開催されました。

会場には、市長はじめとする関係部署の職員や、事業者である積水ハウスグループ関係者、地元県議及び市議、更には近隣の町会長はじめ住民の皆さんなどが参加して開かれました。

式典終了後は共用玄関前でのテープカットや、

各部屋の内覧も行われました。

3月1日からは子育て中の17世帯57名の方が市外から転入・入居されるということで、鯨ヶ丘の新たな活気に期待しています。

平成31年度当初予算の概要説明…!


市執行部から議員への新年度予算案についての概要説明が行われました。
一般会計は前年比6.5%増の251億6,100万円で、国民健康保険などの特別会計を合わせると、総額428億4,539万4千円で前年比7.3%の増額となっています。
詳しくは3月定例会の予算特別委員会で審査することとなりますが、清掃センター長寿命化や水府小中学校の建設整備、真弓トンネル整備などが主な歳出項目となっています。

また、先立って行われた議会運営委員会では、3月定例会の運営について審議し、総務部課長から提出議案の説明が行われました。

新年度予算説明後に開かれた全員協議会では、太陽光発電施設に係る市有財産の賃貸契約について、原子力災害広域避難訓練の実施について、東京航空局山下宿舎の取得について、市障害者計画(案)について、(旧)北中学校の利活用団体の公募について、最高裁判所裁判官国民審査投票用紙の誤廃棄についての6件について各担当部長より説明が行われました。

その後開かれた議会改革推進会議では、議会報告会並びに意見交換会開催に当たっての改善策について協議を行いました。
その中で議会報告会と意見交換会の運営形式については、これまでの4地区での開催という流れを継承しつつ、内容については改善しながらも、別途、若い人達を対象とした意見交換の出来る新たなスタイルを検討していってみてはとの提案をさせていただき、今後その方向性で議論を深めていくこととなりました。

道の駅で秋田の物産展…!


道の駅ひたちおおた内にある体験交流室では、明日から5日間「秋田物産展」が開催されます。

秋田市と常陸太田市は佐竹氏縁の関係で姉妹都市となっており、行政は勿論、市民団体なども様々な形で交流を行っています。

互いの「祭」や「イベント」などにも、「秋田竿灯」や「なまはげ」「天神ばやし」などの伝統芸能をはじめとする人的交流や、地域の特産物などを展示販売するなど、相互に親交を深めています。

今回は、「きりたんぽ」や「稲庭うどん」、「比内地鶏のスープやラーメン」、「いぶりがっこ」など、秋田の名産がズラリと並べられ販売されます。

茨城に居ながら秋田の特産品を直接購入できるチャンスですので、どうぞ足を運んでみてください。