活動報告

ライオンズクラブ早朝例会…!


常陸太田ライオンズクラブ4月第二例会「ライオンズ奉仕デー例会」が、早朝6時から行われました。

昨夜から降り続く雨の影響で開催が心配されましたが、何とか例会の時間帯のみ一時的に雨も上がり、予定通り約1時間にわたって、JR常陸太田駅西側にある花壇の草刈りや駅周辺の清掃を実施することができました。

今年で結成53年目となる当ライオンズクラブですが、花壇には、結成15周年・30周年・45周年と15年ごとに記念植樹を行った石碑や看板が設置されており、

その歴史とともに次の世代へとしっかり引き継いでいかなければという想いを感じた早朝例会でした。

鯨ヶ丘ふれあい広場サポーター…!


20日早朝7時から、鯨ヶ丘ふれあい広場の芝刈りや清掃作業を行いました。

端午の節句の季節ということで広場内には鯉のぼりが多数設置されている中、大型GWを前に帰省や観光に訪れる方が、街中の和める空間として、心地よく利用していただけるようにと実施しました。

近隣町内の有志で組織する「ふれあい広場サポーター」のメンバーと市都市計画課職員が、それぞれ草払機などを持ち寄り約1時間にわたる作業で、きれいな状態にすることができました。
毎年GW期間中に、この広場で楽しそうにハシャギながら遊ぶ子供たちの姿を見られることが、私たちサポーターの喜びでもあります。

美容週間茨城・定例会…!


2019年度全国美容週間茨城地区実行委員会4月度会議が開かれ、2018年度の収支報告、及び今年度の事業計画等について協議しました。
今年も7月には主婦の友社とのコラボでのフォトコンテスト、9月には「くしの日」に合わせたくし配布や、特老施設・保育園などへの訪問サービス、10月にはセミナー開催と、各種事業を展開することとなりました。
若手の実行委員や会員が増えてきた中、古株の一人でありますが、委員長をサポートしながら組織の更なる活性化を目指し活動していきたいと思います。

らいらっく保育園竣工式…!


昨年から工事が進んでいた新設の「らいらっく保育園」の竣工式が開かれ、出席してきました。

竣工式には常陸太田市・大久保市長をはじめ多くの来賓や関係者が参加し、盛会に開かれました。

園を運営する社会福祉法人「月居会」野内しづ子理事長からは、早急な開園が望まれる中、1年間という身近な期間で設計や施工に携わった業者へ感謝状と記念品が贈られました。

園内は温もりを感じる木材をふんだんに使い、

建物前面全体に設置されたミストシャワーや、滝のように上から流れ出るプールの給水をはじめ

電子黒板や映像を用いた学習システムなど、他にはない最新の設備が用いられるなど、素晴らしい施設となっています。

場所も国道349号線の旧道に位置し、那珂市や水戸市方面に勤務する保護者には、とても便利な立地となっており、今後の園の繁栄がとても楽しみであります。

太田一高野球部OB役員会…!


太田一高野球部OB会の拡大役員会が開かれ、組織の再編について協議しました。

会合には今年4月から母校の校長に赴任した森田先輩も出席し、野球部への支援強化等も含め意見交換を行いました。

創部119年という長い歴史を誇る一方で、OB会も年齢幅が縦に長くなってきている状況を踏まえ、今後は当時の監督ごとの世代(約10年前後)で部会制を導入し、その部会ごとに総会や事業も展開する等、組織全体の活性化を図っていく方向で進めていくこととなりました。
自分もOB会副会長として、今回の組織再編についてもしっかりとサポートしていきたいと思います。

太田一高同窓会総会及び祝賀会…!


今年で創立119年という県内でも屈指の伝統を誇る我が母校・太田一高。
午前中は卒業50周年と25周年を迎えた同窓生の記念式典が行われ、午後からは同窓会の総会が開かれました。

総会終了後は、平成31年度の特別栄誉者を囲んでの祝賀会が行われ、

今回は1年間の間に叙勲を受章された方々や、市長・町長・県議に当選された方々など24名の招待者のうち、元キリンビール社長の荒蒔康一郎氏や、那珂市長に当選された先崎光氏など7名が出席する中、常陸太田市長でもある大久保太一同窓会会長よりそれぞれの功績が紹介されるとともに、

同窓会顧問を務める前・地方創生担当大臣の梶山弘志代議士から、お祝いのあいさつをいただくなど盛会に開かれました。

そして締めは、昨年25周年を終えた野球部の後輩にあたる3人を助っ人に自分がエールをきり、参加者全員で声高らかに校歌を斉唱。母校の繁栄を願うとともに同窓会の絆を深め合いました。

新年度初の全員協議会・他開催…!


平成31年度初の全員協議会が開かれ、新たに部長職に就任された職員の紹介が行われました。
また、「公共施設等再配置計画」や「空家等対策計画」、「環境基本計画」、「一般廃棄物処理基本計画」など、3月中にまとまった各種計画について、執行部より説明がありました。

全員協議会に先立ち開かれた議会運営委員会では、改元に伴う定例期の称呼や6月定例議会の運営について協議を行いました。
尚、6月定例議会の称呼については、「令和元年第2回常陸太田市議会定例会」とすることと決しました。

その後開かれた産業建設委員会協議会では、「市道0139号線」の進捗状況等について執行部から説明が行われるとともに、先進地行政視察をはじめ年間の活動計画等について協議しました。

母校野球部激励…!


第71回春季関東高校野球茨城県大会地区予選が行われている中、14日の県北地区代表決定戦で日立工高を相手に5回コールド11-0で快勝した母校・太田一高の練習グランドを激励訪問しました。

新1年生もマネージャーを含め13名が入部したということで、来週27日からの県大会に向け、日が落ちた後もナイター照明を使って打撃練習に励んでいました。

現在、監督を務める矢幅先生は高校時代の同期であり、36年前の第35回大会では当時第1シードの茨城東高を撃破し、見事太田一高が県代表として関東大会へ駒を進めた、思い出深い春季大会でもあります。
明日は県大会の組み合わせも決定するということで、是非、上位目指して頑張ってほしいと思います。

太田まつり運営委員会…!


平成31年度第1回太田まつり運営委員会が開かれました。

事務局担当の市職員をはじめ団体推薦の運営委員が、新年度ということで一部入れ替えとなるなど、ベテランとフレッシュなメンバーとで新たに組織化された今回の運営委員会。

初顔合わせのメンバーもいる中、役員の改選や予算(案)、イベント内容や協賛金などについて協議し、委員長には鶴龍會の金沢君が再任され、副委員長にはJCの宮田君と、商工会青年部の吉成君が、それぞれ新任として選出されるなど新体制も整い8月の本番に向けて準備を進めていくこととなりました。
自分もベテラン組の一人として、しっかりとサポートしていきたいと思います。

街中の「鯉のぼり」…!


この時期恒例となっている「鯉のぼり」を、街中の広場に設置しました。

これはスロータウン鯨ヶ丘「端午の節句」の一環で、鯨ヶ丘ふれあい広場を舞台に、鯨ヶ丘倶楽部や商店会メンバーの協力により、毎年、子供たちや来街者の方々に日本の文化を身近に感じていただこうと実施しているものです。

今年も大小32の「鯉のぼり」が春風になびきながら雄大に泳いでいます。

最近では田舎でもなかなか見る機会が減ってきてしまっている「鯉のぼり」でありますが、特に街中で見られるのは稀であるのと併せて、この場所の鯉のぼりは「触れることが可能」とあって、地元の子どもたちは勿論、GWに入ると帰省した家族連れや行楽で常陸太田(鯨ヶ丘)を訪れた子育て世代の皆さんからも、大変好評で人気のスポットとなっています。
是非、この機会に「鯉のぼり」と記念撮影にでもお越しください。