活動報告

ライオンズクラブ例会で講話を担当…!


常陸太田ライオンズクラブ1月第2例会が開かれ、「市議会報告会例会」として講話を担当しました。

年間計画では、当クラブのメンバーである西野県議による「県政を聴く例会」の予定だったのですが、一昨日に県議がインフルエンザになってしまい、昨日安島会長からの依頼により急遽「市議会報告」に内容を変えて実施することとなった次第です。

準備の時間が余りにも少ない状況ではありましたが、定期的に実施している「藤田けんじ市政活動報告会」用のパワーポイント資料を、今回の例会用にアレンジを加えて臨みました。

約40分の講話でしたが、メンバーからは一番身近な市議会の活動や役割について、普段聴くことの出来ない話を聴くことができて勉強になったとの感想をいただくなど、ピンチヒッターではありましたが、それなりの成果に繋げることができ、逆に貴重な機会を与えていただいたことに感謝の気持ちです。

インフルエンザ猛威…!


全国的にインフルエンザが猛威を振るっていて、国立感染症研究所の発表によると大きな流行の発生が疑われる警戒レベルを超えたと言われています。
全国レベルマップでも茨城県は警報レベルに達しており、常陸太田市においても学級閉鎖が相次いだり、子どものみならず大人にも感染が拡大し、今週予定されていた2つの会合等は延期や変更になるなど影響が出ています。
また来週視察訪問予定の兵庫県も、淡路島を含めて警報レベルとなっているようです。
改めて予防のためにも、マスク着用、手洗いやうがいを励行するなど注意を払って生活していきたいと思います。

定住促進住宅を視察…!


常陸太田市鯨ヶ丘に新築された定住促進住宅「ファミーユくじらヶ丘」。

3月からの入居を前に、市議会議員で現地視察を行いました。

建物は3階建てで、2LDK~4LDKまで17部屋あり、

景色の良い丘の上に位置しているため、窓からの眺めはまさに絶景です。

またベビーカーなどの子育て世代に配慮し、エレベーターも設置され、

建物内部には吹き抜けの中庭も配備されるなど、心地よく暮らせる上質な空間となっています。

間取りも、可動間仕切りや収納、対面式キッチン、サッシのクレセント高さに至るまで細かな配慮が施され、子育て世帯にやさしい住まいといったコンセプトの伝わる素晴らしい設計と感じました。
入居後は移住された皆さんと地域とのコミュニケーションが上手く図られるよう、自分も鯨ヶ丘の住人として努めていきたいと思います。

市議会・各委員会開催…!


全員協議会の日程に合わせて、各委員会が開催されました。
議会運営委員会では、3月定例会の会期及び会期予定の掲載について審議するとともに、平成23年以降、議会改革の一つとして会期中の各常任委員会開議時間を午後1時からとしていましたが、協議の結果、従前の午前10時からに変更することとしました。

議会改革推進会議では、今後の会議項目として常任委員会及び議会報告・意見交換会の充実に関することを中心に進めていく旨、確認を行いました。

全員協議会では執行部より、地域公共交通第2次再編について、医療福祉費支給制度(マル福)の対象要件の拡大について、林業専用道「茅根線」整備計画について、資料を元に説明が行われると共に、

公共施設カルテ(平成30年度版)が配布されました。

広報委員会では、議会だより155号の最終校正と、平成31年度議会報告会・意見交換会の日程について協議しました。

常陸太田野球教室・大盛況…!


常陸太田中学硬式野球倶楽部主催による「第1回常陸太田野球教室」が、社会人野球チーム「日立製作所野球部」の現役選手を講師に招いて開催されました。

会場となった「大里ふれあい広場野球場」には、常陸太田市をはじめ近隣から約150名の小・中学生の野球少年が集い、3時間に渡って汗を流しました。

自分も開会のことばで「アマチュア球界の最高峰で活躍する現役選手から直接指導いただける貴重な機会であり、一つでも二つでも吸収し、自身の技術向上につながるよう臨んでほしい」と述べさせていただきました。

また開会式には、大久保市長と石川教育長にも出席いただき、市長から激励の挨拶をいただきました。

指導いただく日立製作所野球部からは、和久井監督はじめ総勢23名の野球部員の皆さんに来ていただくなど、異例ともいえる大勢の選手での対応には感謝の気持ちでいっぱいです。

グラブさばきや腰の落とし方、

球際の補給の仕方などの守備練習。

バッティングでのボールの叩き方や、

打席での投球を呼び込む間合いの取り方など、

懇切丁寧に個人個人にアドバイスいただいた打撃練習。

一塁ベースを駆け抜ける際の左足のポイントや、

オーバーランの際の重心の置き方、及び体の返し方などの走塁練習。

ブルペンでは投手ひとり一人に対し、フォームや球筋をチェックしながら腕の降り方などを指導いただいた投球練習等々。

自分も間近で興味深く見学させていただきましたが、流石はトップアスリートと言われる選手の皆さんだけあって、実に説得力のある上手な教え方で、感心しきりでした。

閉会式では参加者を代表して常陸太田リトルシニアの鴨志田キャプテンからお礼の言葉が、

そして最後に、日立製作所野球部OBでもある、我が常陸太田リトルシニア佐藤監督から、参加者への激励と指導いただいた野球部員の皆さんに感謝の言葉が述べられ、あっという間に過ぎてしまった実のある野球教室を閉会しました。
是非、また機会をつくって第2回目の野球教室が実施できるよう、スタッフで話し合っていきたいと思います。

新年会シーズン…!


地元・西三町ゴルフ同好会の新年会が町内の「嘉多野」で開かれました。
さすがに冬場はコンペの予定はありませんが、3月からは親睦も兼ねて年6回ほど計画されているなど、とても活発な同好会です。

また今月は新年会も延べ14件入っていて、ちゅうど今日が折り返しの7件目となります。
12月の忘年会シーズンから続けての新年会シーズン。
インフルエンザも流行ってきており、体調管理には十分気を付けて過ごしたいと思います。

新入団選手記念グッズ…!


2018年のプロ野球ドラフト会議で、日本ハムファイターズに3位指名された、隣接の常陸大宮市出身の生田目翼選手。
親友の甥っ子でもあり、次女の友人でもある生田目選手。

応援する意味からも、生田目選手の名前入りレプリカユニフォームをはじめフェイスタオルやキーホルダー等、全6種類の新入団選手記念グッズを購入。直筆サインは同級生の親友からいただきました。
親近感を感じる生田目選手の開幕1軍での活躍を心から願うとともに、注目しながら声援を送りたいと思います。

議員交流会で懇親…!


新年の恒例行事である議員交流会が、市長、副市長、教育長の執行部三役を来賓として招いて、昨夜開かれました。

議員相互の親睦を図ることは勿論、1年間の活動予定や抱負を語り合う会として、例年この時期に開催しており、今年も和やかな雰囲気の中、交流を深めることができました。

議会だよりの編集…!


市議会・広報委員会が開かれ、2月25日発行予定の「議会だより155号」の編集内容について協議しました。

今号から随時、表紙の写真を市内で唯一写真部がある太田一高の皆さんの作品を掲載することとなり、選挙権が18歳以上に引き下げられたことからも、高校生が係ることで議会への関心が少しでも高まってくれればと期待しています。

プラネタリアTOKYO・満天の星々…!


有楽町マリオン内に2018年12月にオープンしたばかりの「コニカミノルタプラネタリアTOKYO」。

通常の座席の他に、大きなソファベットのような「銀河シート」というユニークな座席もあり、折角なのでひとりプラス500円となるそのシートで鑑賞してきました。

上映されたのはオープニング記念としてアーティスト・ドリカムとのコラボレーションで生まれた「時を刻むこの星空 with DREAMS COME TRUE」という作品で、ドリカムの名曲に合わせて満天の星々の美しい映像を満喫することができました。
約40分の上映時間でありましたが、とても優雅で癒されたひと時でありました。