活動報告

視察最終日は宗像市を訪問…!


視察3日目は宗像市を訪問し「地域コミュニティ・市民活動推進」の取り組みについて、担当係長よりそれぞれ説明いただきました。

当市では少子高齢化や核家族化、都市化、住民ニーズの多様化など地域の抱える諸課題について、先見的な視点で昭和50年から研究をスタートさせ、平成10年にはコミュニティ担当部署を新設。合併後の総合計画においてもコミュニティ施策を中心施策に位置づけ、市内小学校区12地区においてコミュニセンターの整備を行うと同時に、権限や財源に至るまで地域に委譲するといった住民主体のまちづくりに取り組んでいました。

地域分権の考え方のもと、地域住民が自分たちの地域の課題や問題解決に直接関わるようなったり、団体同志の交流が広がり、自主防災組織設立の意識が高まるなど成果が表れてきているということでありました。
現在、新たなコミュニティづくりを推進している常陸太田市にとっても、参考となる先進的な取り組みを学ぶことができました。

視察2日目は大牟田市を訪問…!


2日目は大牟田市を訪問。
午前中は市役所にて健康長寿支援課地域支援担当課の吉澤課長より「認知症になっても安心して暮らせる地域づくり」への取り組みについて説明いただきました。

平成13年から地域認知症ケアコミュニティ推進事業をスタートさせ、認知症コーディネーターの養成をはじめ、医師・介護士など専門職メンバーで構成する認知症サポートチームの発足や、子どもの時から認知症について学べる絵本教室など、地域と行政が連携する中、先進的な地域包括ケアシステムが構築されていて、とても勉強になりました。

午後からは、公営住宅に隣接する「ケアタウンたちばな」の現地視察をさせていただきました。

社会福祉法人天光会の運営するこのエリアには、地域交流施設を中心に介護予防相談センター、ヘルパーステーション、認知症専用デイサービス、小規模多機能型居宅介護、サービス付高齢者向け住宅、地域密着型小規模特別養護老人ホーム、セントラルキッチンなどの各施設が隣接していて、住み慣れた地域で生活できる環境づくりに取り組まれていました。

施設も木のぬくもりを感じながら、随所に職員のアイデアが登用されるなど工夫が施され感心しました。

また施設長・堤公子氏をはじめ職員の皆さんの福祉に対する熱い情熱の伝わる、充実した視察研修でありました。

福岡県内を3日間にわたり視察…!


文教民生委員会の所管事務調査で福岡県古賀市を訪問。
吉住委員長(文教厚生委員会)より歓迎の挨拶をいただいた後、早速研修会スタート。

「日本一通いたい、通わせたい学校」を目指した各種施策について、学校教育課・木部課長より説明をいただきました。

全小・中学校による2学期制の実施や図書館の地域住民への開放、不要になった算数BOX(小学1年生)や制服(中学校)のリユースなど、独自の取り組みを多数展開していて、大変参考になりました。

鯨ヶ丘ふれあい広場の草刈り…!


先日「かんぽ生命テレビCM」のロケ地として、女優の高畑充希さん等が来て撮影が行われた「鯨ヶ丘ふれあい広場」。

不安定な天候の中、近隣町会のサポーターと市の都市計画課職員などが集まり、今年度4回目となる芝刈りや草刈り作業を約1時間にわたり実施しました。

この広場は街中のポケットパークとして、地元住民は勿論、まちを訪れる方々にとっても、憩いのスペースとして利活用されています。

トイレ清掃等も交代制で実施しており、皆さんに心地よく利用していただけるようサポーターメンバーと共に、これからも管理を続けていきたいと思います。

新米をはじめ秋の味覚…!


基幹産業が農業の常陸太田市。

この時期は、常陸太田産コシヒカリの新米をはじめ、

特産品であるぶどうや梨といった秋の味覚を満喫できる食の季節。

常陸秋そばの収穫も近づき、間もなく香り高い新そばを味わうこともできます。
是非、秋の味覚を楽しみに常陸太田にお越しください。

街頭演説応援…!


衆議院選挙も4日目を迎え、梶山陣営では金砂郷地区において街頭演説会を開いて、大久保市長、西野県議、石井県議、公明党の深谷市議から激励の挨拶をいただきました。

会場には小雨が降る中、多くの支持者の皆さんんに参集いただき、梶山候補本人が他の候補者の応援のため全国を駆け巡り地元に戻ってこれない分、これまで以上の結束を誓い必勝を期しました。

駅周辺の美化活動…!


常陸太田ライオンズクラブの早朝例会として、朝6時からJR常陸太田駅周辺の美化活動を実施しました。

駅東側歩道沿いの芝生エリアやのミニ公園生け垣の雑草除去をはじめ

駅西側のライオンズクラブで管理している花壇の清掃など、約1時間にわたってメンバーと奉仕しました。

鯨ヶ丘倶楽部の活動が毎日フォーラムに掲載…!


毎日新聞社が発行している政策情報誌「毎日フォーラム10月号」に、自分が代表を務める鯨ヶ丘倶楽部の活動が紹介されました。

記事は全国で地域を元気にする活動をしている団体などを取り上げ紹介いただける「地域活性リポート・創る」というコーナーで、7月に原稿依頼を受け、「縁」でつなぐ「居場所」づくりについて、1,200字程度に活動報告をまとめたものです。
また来月には、県西生涯学習センターのボランティア研修視察の受け入れも行う予定となっており、自分たちの活動理念や内容を紹介すると共に、互いの団体の情報交換を行いながら、今後の活動にも活かしていきたいと考えています。

<毎日新聞デジタルサイト>https://mainichi.jp/articles/20171006/org/00m/010/019000c

衆議院議員選挙が公示…!


10月22日の投開票に向け12日間の衆議院議員選挙が公示となりました。

地方創生大臣・梶山弘志候補の陣営では、早朝、地元・若宮八幡宮神前にて各後援会並びに各界、各団体の代表者が一同に会し、

7期目の必勝を期し、必勝祈願を執り行いました。

10時からの出陣式には約2,000人の支援者が集い、

選挙区内の県議会議員や首町などが応援に駆け付ける中、

10万票の得票を目指し、圧倒的な勝利の元、国政に送るべく結束を誓い合いました。

自分は地元・若手後援会である常陸太田弘翔会会長として、司会進行役を務め士気を高めました。

だるまの目入れでは黒々と片目が入り、22日の開票日には無事両目開眼できるよう、一票でも多くの票の積み重ねを目指し戦ってまいります。

体育の日恒例の親睦コンペ…!


毎年体育の日に実施している太田一高同窓会太田支部親睦ゴルフコンペが、秋晴れの下、グランドスラムC.Cで開催されました。

今回は26歳~84歳までの同窓生59名が参加。自分の同級生(52歳)も8名がエントリーしダブルコンペ方式でエンジョイしました。

結果は同級生の村田君が1アンダー71でラウンドしネットもダントツの67.4で、ベスグロ優勝を果たしました。

また学年対抗の団体戦では自分たちの高36回卒組が2位に入るなど健闘しました。
ちなみに自分も86と上出来のラウンドでした。