活動報告

汁ONEカップ2018・大盛況…!


常陸太田駅前広場で冬の恒例イベントとなった、第7回「汁ONEカップ2018」が開催されました。

会場には、汁ONEカップ出店14店舗、一般販売出店16店舗が軒を連ね、晴天に恵まれたこともあり多くの来場者で賑わいを見せていました。

来場者の投票でNo.1を決める、汁ONEカップには14種類のアイデアたっぷりの汁物がエントリー。

注目の第7回グランプリには、DANRAN SHUKAなごみ家さんの「ぶな豚と太田野菜をたっぷり食べるスープ」が選ばれました。

若宮八幡宮・節分追儺祭…!


地元・常陸国太田郷の鎮守である若宮八幡宮にて、「第84回節分追儺祭」が斎行されました。

拝殿での神事には災厄を祓い福を招来する重要な役目を帯びた104名の年男年女が、御神徳を戴くためにご祈祷しました。

恒例の豆まきでは、大勢の善男善女が福を拾いに境内に参集し、

自分も豆やみかん、菓子などの福品を参拝者に撒かせていただきました。

今シーズン3度目の積雪…!


前線を伴った低気圧の影響で、昨晩から今日の午前中にかけて、ここ常陸太田市でも今シーズン3回目となる積雪を記録しました。
例年は1~2回程度しか雪の降らない地域であるため、今年は寒さを実感する冬の到来となっています。

向こう一週間も気温は上がらず、最高でも6~7℃、最低気温は氷点下3~4℃と寒い日が続く予報となっているため、農作物への影響も心配されます。
インフルエンザも流行しているので、くれぐれも体調管理には気を付けて生活していきましょう。

常陸太田そばまつりが開幕…!


20回目を迎えた「常陸太田そばまつり」が今日から2月28日までの1ヶ月間にわたって開幕しました。

常陸秋そばの発祥の地である、ここ常陸太田の名店26店舗が「自慢のそば」を提供します。
ソバの実が熟成されるこの時期に、是非「香り・風味・こし」共に最高級の品質を誇る本場・常陸秋そばの旨さを、ご賞味下さい。

第5回太田まつり運営委員会…!


平成29年度・最終となる太田まつり運営委員会が開かれ、事業及び決算報告をはじめ、役員の改選や平成30年度の開催案について協議を行いました。

平成29年度については企業協賛金も前年度を上回る実績をあげるなど、決算面ではとても良い結果となった一方で、運営委員をはじめボランティアスタッフの拡充等が継続課題となっています。
また平成30年度は「いきいき茨城ゆめ国体」の前年にあたることから、太田まつりの会場となっている山吹運動公園でも、同時期に国体関連の大会が開催予定となっているなど、まつり日程の変更も検討する必要が生じているため、しっかりと調整した上で例年に勝るとも劣らない「太田まつり」の実施に向けて準備を進めていきたいと考えています。

袋田の滝・氷瀑…!


隣接の茨城県大子町にある、高さ120m、幅73mの大きさを誇る日本三大名瀑のひとつ「袋田の滝」。
滝川が四段に岩肌を流れることから、またこの地を訪れた西行法師が「四季に一度ずつ来てみなければ真の良さは味わえない」と絶賛したと伝えられていることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。

特に冬は滝の凍結する「氷瀑」という現象を見ることも出来、近年は暖冬の影響でなかなか凍結しない年も増えてきているようでありますが、今年はここ10日間以上、氷点下の寒さが続いていることから凍結したという情報を得、その神秘的な光景を観るため、9時の開門に合わせて朝いちばんで出かけてきました。

夕べの積雪が氷の表面を覆っていて、より一層美しさを際立てているように感じる中、絶景ポイントである、①滝の最上段を含め全景を鑑賞出来る第二観曝台(エレベーターで約50m上昇)、②滝の三段目の高さにある第一観曝台(滝に向かう276mのトンネルの一番奥)、③トンネルの途中から対岸に架かった吊り橋から滝全体を下側から鑑賞、とそれぞれに表情の違う景色を楽しませていただきました。

そして帰り際には、駐車場をお借りした土産物店の女将さんが、温かいお茶を入れてくれて、冷え切った体は勿論、心まで温まる「おもてなし」に癒された想いでした。

商店会連合会新年会…!


鯨ヶ丘商店会、まいづる商店会、南口商店会の3つの商店会からなる、常陸太田市商店会連合会の新年会が、大久保市長はじめ伊村商工会長、市商工関連の部課長などの来賓出席のもと「釜平」にて開催されました。

渡辺連合会長からは、昭和の繁栄した時代と比べ、平成に入ってからは個人商店にとって厳しい環境となっているが、新たな年号に代わっても引き続き商店会として頑張っていこうとの挨拶が行われ、まいづる商店会・平根会長の音頭で乾杯。
個人商店と大型店との共存への課題等について歓談しながら懇親を深めました。

中学硬式野球倶楽部・発足準備会…!


常陸太田市を中心に近隣の中学生を対象とした地域スポーツの一環として、現在発足に向け準備を進めている「常陸太田中学硬式野球倶楽部」。
第4回目の会合が開かれ、2月の保護者説明会をはじめ3月の体験練習などの日程や、近隣のリトルリーグ・少年野球・少年ソフトボールチームへのあいさつ回りなど、4月からの倶楽部始動に向け5時間にわたって話し合いを行いました。
ホームページや募集チラシなども完成し、自分も野球経験者として、また発起人の一人として倶楽部立ち上げは勿論、その後の運営においてもしっかりとサポートしていきたいと思います。

常陸太田中学硬式野球倶楽部HP ⇒ https://hitachiotals.localinfo.jp/

太田一高野球部OB会総会…!


太田一高野球部OB会総会が開かれ、前年度事業及び決算報告、並びに今年度の事業計画及び予算案について審議を行い、全議案共に原案の通り可決承認され、2018年度の活動が正式にスタートとなりました。
また、OB会から現役野球部へ助成金も手渡され、後輩たちに夢を託すOBの思いも伝えさせていただきました。
創部118年目を迎え、現在会員数も740名と県内屈指のOB会組織となっており、現役へのサポートは勿論、世代を超えた会員同士の交流も図っていきながら、更なる組織発展のため自分も副会長のひとりとして力を注いでいきたいと思います。

自酒プロジェクト会議…!


常陸太田自酒プロジェクト会議が、日本酒「ご縁だね」の醸造元である「岡部酒造」で開催されました。

今回は、2月10日に実施予定の「酒蔵見学」を中心に、5月12日の「ご縁祭」の内容も含めて打ち合わせを行いました。

酒蔵見学では、日本酒醸造の現場を造り手の説明を受けながら見学し、「酒かすのおつまみ」や「かす汁」とともに試飲も出来、さらに「ご縁だねのオリジナル桝」と「酒かす」のお土産付きで参加費500円と、大変お得なイベントとなっていますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。