活動報告

第4次安倍内閣・梶山地方創生大臣が再任…!


過日行われた衆議院選挙で7期目の当選を果たした、梶山弘志大臣。

今夜発足した第4次安倍内閣において全閣僚が再任され、引き続き、内閣府特命担当大臣として地方創生や規制改革をはじめ、まち・ひと・しごと創生、行政改革、国家公務員制度などの要職を担当されることとなり、

地元後援会でも喜びと共に、今後の更なる活躍に期待が高まっています。

大学合格祝い…!


三女の瑠里花がAO入試で志望大学に合格したとの知らせを受け、妻と二人で電車で水戸へ。

娘と合流し家族3人、夕食をとりながらお祝いをしました。

来春からは3人娘で初となる親元を離れての東京での学生生活が始まります。

将来の目標に向かって、しっかりと前進していってほしいと思います。

市議会・広報委員会開催…!


市議会・広報委員会が開かれ、11月25日発行の「議会だより150号」の最終校正を行いました。
また来年度の議会報告会の日程について協議し、7月に実施される市議会議員選挙前の5月に開催する方向で調整することとなりました。

河内秋の山草展…!


第45回目の開催となる、河内山草会主催による「秋の山草展」が28日・29日の2日間にわたり開かれました。

会場となった河内公民館には、会員11名の作品107点が展示されました。

細部にわたるまで手が加えられた作品の数々は

とても見応えがあり、感心しながら鑑賞させていただきました。

週に1回会員が集い研鑽を重ねているということで、来春の山草展も今から楽しみです。

ハッピーハロウィン…!


鯨ヶ丘商店街を舞台にハロウィンイベントが開催されました。

可愛らしいく仮装した子供たちが協力店を訪れ「トリックオアトリート♪」と唱えると、

各店舗から子どもたちにお菓子やアメをプレゼント。

我がサロンにも約150名の子どもたちが訪れるなど、新たな季節行事に街全体も賑わいを見せていました。

NHKニュース・おにぎりコンテスト募集…!


今朝7時55分からのNHK茨城県域TVニュースで、11月12日(日)に常陸太田市で開催される「常陸秋そばフェスティバル」会場内イベントステージで実施予定の「第10回久自楽米おにぎりコンテスト」の作品募集案内が放送されました。

応募締め切りは10月31日で、1次審査(11月2日書類審査)を通過した6作品が、11月12日の2次審査(試食審査)へと出場することが出来ます。

2次審査は来場された方の中で審査を希望する一般審査員(先着45名)と、市長など特別審査員5名の合計50名による試食審査が行われ、投票によってグランプリが決定されます。

見事グランプリに選ばれた作品は、地元スーパー(かわねや)で発案者名を明記の上、商品化も行われます。

是非、第10回目を迎える「おにぎりコンテスト」に多くの皆さんのご応募をお待ちしています。

応募用紙など詳しくは ⇒ http://www.kujiragaoka.com/2851/

第10回久自楽米おにぎりコンテスト募集

献眼登録の推進…!


常陸太田ライオンズクラブ10月第二例会として、献眼登録推進に向けた一般公開セミナーが開催されました。

会場にはライオンズクラブクラブメンバー26名の他、一般参加者26名にも参加いただき、滝沢秀明氏主演のDVD「ヒ・カ・リ」を上映。
~突然亡くなった妹が残した光の贈り物~について、多くの方が涙しながら鑑賞しました。

上映後は、メンバーでもある眼科医のL平山佳子氏による、「角膜ってどこにあるの?移植ってどうやるの?」をテーマに講話が行われ、角膜移植についての理解を深めました。

そして茨城アイバンク理事でもあるメンバーのL立川新氏による、「たとえ命が亡くなったとしても献眼提供することで、あなたの身体の一部は生き続ける」といった印象深いコメントに感銘を受けた方も多かったことと思います。
これを機に、献眼登録者が増えることを念願しています。

自酒プロジェクト会議…!


常陸太田自酒プロジェクトの会議が岡部酒造さんの会議室で開かれました。

今回は先月実施した「稲刈りイベント」の反省や、来年2月に開催予定の「酒蔵見学」、及び5月に開催予定の「ご縁祭」について検討しました。

今年は「田植えイベント」が雨天のため中止となった影響もあり、「稲刈りイベント」も前年と比較すると若干参加者が少なかったという反省が挙げられた一方で、準備やタイムスケジュール等については段取り良くスムーズに運んだとの意見が出されました。

2018年は「酒蔵見学」が2月10日(土)15:00から、「ご縁祭(お田植祭と新酒を祝う酒蔵の宴)」が5月12日(土)に開催する運びとなりました。

茨城県国体・障害者スポーツ大会局を訪問…!


昨日、茨城県庁を訪れ、国民文化祭が行われた2008年にお世話になった現・観光物産課・橘川課長さんに、国体・障害者スポーツ大会局・西野総務企画課長さんを紹介いただき面談をさせていただきました。

国民文化祭の際には茨城舞祭の踊り子が集結し、オープニングでダンスを披露させていただくなど、県内の子どもたちに貴重な経験を与えていただきました。
2019年に実施される「いきいき茨城ゆめ国体」においても、国民文化祭同様、何らかの形で子ども達に大舞台に携わる機会を創っていただきたくご相談をさせていただきました。
偶然にも、同局・石田局長さんとは、2002年、FIFAワールドカップ日韓大会時の「カシマサッカースタジアム」ホスピタリティ事業で、自分が日本青年会議所茨城ブロック協議会いばらき未来室長としてイベントの企画運営を一緒に行わせていただいた間柄であり、久しぶりの再会に当時の思い出話に花が咲きました。

台風21号の爪痕…!


昨晩から未明にかけて台風21号の暴風域となった常陸太田市では、金砂郷地区に避難所を開設するなどの対応がとられました。

市内を流れる里川も水量が増し、今朝は地元消防団の皆さんによる巡回が実施されていました。

我が家でも、家が揺れる程の暴風の影響でテレビのアンテナが横転し、雨どいなども破損するなどの被害が出ました。

かろうじて雨どいに引っ掛かり落下が免れたため、けが人が出る等の事故とはならずホッとしていますが、改めて自然災害の恐ろしさを目の当たりにさせられた思いです。