活動報告

政治団体収支報告書…!


政治団体である自民党常陸太田支部の平成29年分・収支報告書について、本日、自民党茨城県連に提出してきました。

毎年、県連事務局において確認してもらった上、県選挙管理委員会へ届けて頂いており、今年は例年に比べてスムーズに且つ早い時期に処理することができました。

また建物の道路側には、県連会長でもある梶山ひろし地方創生担当大臣の入閣を祝う看板が掲げられていて、とても誇らしく感じました。

常陸太田リトルリーグ・新年必勝祈願…!


自分としては第1期生・第1回卒団生というOBでもあり、現在顧問を務めている「常陸太田リトルリーグ」。

2018年の初練習にあたり、地元・若宮八幡宮にて必勝祈願が行われ同行してきました。

また練習終了後は夕方から、選手と保護者、スタッフが一同に会し、新年会が開かれました。

今年で設立42年目と歴史ある「常陸太田リトルリーグ」。選手も65名と大所帯となる中、2018年の当リーグの活躍と今後益々の発展を祈念するとともに、目標を立てることの大切さなどについて一言挨拶を述べさせていただきました。

NHK「小さな旅」で常陸太田市が紹介…!


明日の朝8時から、NHK総合TV「小さな旅」の番組で、「ふるさとの種と~茨城県常陸太田市~」が放送されます。

ふるさと常陸太田市の在来作物と、それらを受け継ぐ人々の暮らしが紹介されるということですので、是非ご覧ください。

議会・広報委員会…!


常陸太田市議会・広報委員会が開かれ、2月26日発行の「議会だより151号」について、レイアウトや掲載内容について協議しました。

また、平成30年度に実施予定の「議会報告・意見交換会」についても、日程や意見交換会のテーマなどについて協議を行い、来週の全員協議会にて報告することとなりました。

特別支援学校での交流会…!


今年で3回目となる常陸太田ライオンズクラブ主催による、県立常陸太田特別支援学校との交流会。

前半は小学部59名の子どもたちと一緒に、日立シビックセンター科学館スタッフによるサイエンスショーを鑑賞し、

後半は学年ごとのグループにライオンズメンバーも加わり、虹色や花の輝きが見える工作づくりを楽しみました。

子どもたちの嬉しそうに喜ぶ姿に、今後も継続して実施していくべく意義ある事業であると実感しました。

子育て世代が住みたい田舎・第1位…!


今月4日発刊の宝島社「田舎暮らしの本2月号」で、2018年版住みたい田舎ランキングが発表され、人口10万人未満の小さなまち部門において、常陸太田市が「子育て世代が住みたい田舎・第1位」に、総合部門でも第5位に選ばれたということで、早速その本を取り寄せ読んでみました。

紙面では3ページにわたり市の取組みや、移住された家族の実体験などが掲載されていました。

この喜ばしい結果を弾みに、子育て世代の若者定住が更に促進されることを期待したいです。

LC1月理事会…!


常陸太田ライオンズクラブの1月理事会が開かれ、2018年の活動がスタートしました。

今回は1月~3月までに実施予定の、延べ6回にわたる例会内容について協議するとともに、各委員会及び会計より上半期の中間決算報告が行われました。

アートプロジェクト・ミーティング…!


2016年に茨城県北地区を会場に開催された「KENPOKU ART 2016」。
常陸太田市においても市内8会場で16名のアーティストの作品が展示されるなど、多くの方が来場され賑わいを見せたイベントでありました。

その中の一つに、鯨ヶ丘を舞台に作家・原高史氏と地元住民とが共同で作品づくりを行い、注目を集めたプロジェクト「サインズ オブ メモリー2016 : 鯨ヶ丘のピンクの窓」があります。

県北芸術祭開催から1年が経過し、今回、原先生を交えて2016年時を振り返るとともに、次回開催予定である2019年に向け、プレイベントとして本年、鯨ヶ丘を舞台にプロジェクトを展開すべく意見交換が行われました。
是非、アートを切り口に地域の活性化に繋がる新たなムーブメントに期待したいです。

成人式…!


常陸太田市では本年526名の方が20歳を迎え、パルティ大ホールにて成人式が執り行われました。

会場には、振袖をはじめ羽織袴やスーツなど晴れ姿に身をまとった成人者が一同に会し、鈴木聖弥実行委員長より、二十歳の誓いを含めた凛々しい挨拶が行われました。

またオープニングでは中学時代の思い出のスライド上映や、恒例となった実行委員会メンバーによる式典前日のバンジージャンプ挑戦の映像などが流されるなど、盛り上がりを見せていました。

式典後のアトラクションでは、常陸太田アンバサダーを務めた歌手の吉川友さん、

常陸太田大使を務めるミュージシャンのマシコタツロウさんのミニライブが行われ、

フィナーレには、友さんとタツロウさんに実行委員会メンバーも加わり、タツロウさんが作詞作曲した「常陸太田市の歌・空があるまち」を会場全員で大合唱し、盛会のうちに幕を閉じました。
是非、成人を迎えられた皆さんには、大人としての責任を自覚しつつ、自分の夢や目標に向かって歩んでいってほしいと思います。

消防出初め式…!


平成30年常陸太田市消防出初め式が開催され、850名の消防団員及び55台の消防車両による勇壮なパレードが行われました。

展示訓練では、中州に取り残された救助者を救出するといった想定で、レスキュー隊がロープを伝って救助し、

その後、茨城県防災ヘリコプターの救助隊により救出者をヘリにつり上げ搬送するといった、迫力ある県との合同訓練や、

競技大会に出場した分団による、

消防ポンプ操法などが実演され、集まった大勢の観客から拍手が贈られていました。

室内では、こどもセンターうぐいす幼年消防クラブ員による可愛らしく元気な「よさこいソーラン」が発表され、

式典では、大井川知事をはじめ多くの来賓が参列する中、

消防功労者への永年勤続表彰などが厳粛な雰囲気のもと執り行われました。